音楽にも年齢があるのかな?

「最近注目してるミュジシャンいますか?」

投げかけられた質問にふと考え込んでしまった。

音やに訪れる若い人の演奏に感動する日々を送る私にとっては
とても答えにくい質問。

彼らを心から応援している!!
素晴らしい音楽家になって欲しい!!
そう思いながら後押ししている。
ところが、
自分の好きな音楽は又別のところにある。
これまで色々聞いてきて、私なりの好きなものがはっきりとある。

若い人に意見を求められた時、出来るだけ本当の事を
誠意を持って言うように心掛けているが
どうしても自分の好みが邪魔をする。

ここははっきり区別することがとても大切。
でないとその人の将来を潰しかねない。
気をつけてるのだが、果たして出来てるだろうか?

沢山の音楽家との出会いがあるから
耳が肥えてるわけでもない。
経験値が少し高いだけ。

私には好きな音楽があるから、妥協するのもいやだし。

ここになんかしらの葛藤ができてしまう。
そこを同一にすることは出来ない。

色々考えていて、質問をした主とも話していて
たどり着いた結論。
「歳が違うから」
そうや!
私がその歳にはどうやった?!
それなんや!
60年の歳月にその答えがあった。

好きとは別の感動もいっぱい貰ってる。
彼らのひたむきさに胸が熱くなることもある。
真剣に心から応援しています。
でも・・好きな音楽も追い求めたい!

スポンサーサイト